JUGEMテーマ:読書

 

いまいち新しい恋に積極的になれないバツイチのフリップは、

その欲求不満が故に『高慢と偏見』の世界により濃密な官能を求めている。

そんな折に駆け込んだ不思議なマッサージ・サロンで

眠りに落ちた彼女を待ち受けていたのは、

なんと件の名作に広がる18世紀のイギリス社会だった。 

 

そこで既に知己の仲であったMr.ダーシィと束の間の秘め事を楽しむものの、

その後に目覚めて目にした幸福なはずの結婚劇は、

まさかの悲惨な結末をたどっていた。

その筋書き通りの大団円を取り戻すべくして、

フリップは犬猿の関係にある英文学研究家のマグナスととともに、

もう一度ペンバリーへと出掛けて行く。

 

 

いまだ記憶に新しい『ブリジット・ジョーンズの日記』に著わされるように、

かの傑作である『高慢と偏見』のダーシィ卿に憧れる女性は

今日のように女性の自立が叫ばれる社会にあっても、決して少なくないことと思う。

これは私の個人的な感想だけれども

『ジェイン・オースティンの手紙』において垣間見られるように、

彼女自身にとってもまた理想の男性像であったのかも。

 

しかしながら、その題名に決定付けられているように、

その原作とはじめて邂逅した際にまだ社会人になって間もなかった私の目には、

ダーシィ卿は些か利かん坊のきらいのある、

一生を捧げるには到底不可能な相手に思えたものだ。

それよりも『エマ』において、

どうしようもなく手の掛かる主人公を父親のように叱咤してくれる

ナイトリー氏の方にこそ強く心を奪われた。そうした読者も多いのじゃないかな。

 

 

とは言え、かつては

"Lost In Austen (ジェイン・オースティンに恋して)"に釘付けになったこともある。

それを皮切りに、これまでに様々な『高慢と偏見』のパロディを観賞して来たけれど、

これほどまでにページを繰るのに骨を折った作品はなかった。

そもそも主人公であるフリップは、

前述のように既にMr.ダーシィとの間に刎頚の交わりを深めているクイラン夫人として、

彼と婀娜なる展開を迎える。

 

それから先は、そんな濃艶な情事などは存在しなかったかのような

打って変わったコメディ路線で物語が進んで行くので、

これを果たしてロマンス小説と呼び得るのかどうかは疑問だ。

個人的には『高慢と偏見』の派生上の作品として辛くも読了したけれど、

そうした二次創作品にもポルノグラフィやあるいはジャッロからも遥か遠くの場所にある。

恐らくは、「なんとなく作者が思い付きとその勢いで書いた情欲的展開を

つじつまを合わせるために長編に改悪させたのでは?」と邪推してしまうほどに。

 

 

しかしながら、

元祖スクリューボール・コメディとも謳い得るこの作品に重ね合わせた主人公のフリップと

彼女を軽んじながら結果的にその力になる生粋にイギリス紳士たるマグナスが織りなす

軽妙な会話やその掛け合い自体は興味深く楽しんだ。

特に、その最終章に至っては余すところなくそこに描き出された風景が瞼に浮かび上がって、

あんなに視線で追うだけでも苦痛だった文字にその世界観ごと脳裡を占拠されてしまった。

これは以前から変わらないことだけれど、いつの時代においても至極面白い作品と言うものは、

そのつじつまが多少合わなかったところで求心力を失ったりはしないものなんだよね。

そういう意味では、いずれは、

この作品以上に突き抜けている『高慢と偏見とゾンビ』のことも触れてみたく思っている。

  • 2019.09.15 Sunday
  • -
  • 20:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM